29/b++

コスメや漫画や演劇やたまにライターの仕事の話とか

娘が4歳になりました■発達グレーの子の幼稚園年少生活

娘が4歳になりました!!!

f:id:i3valley:20210913231502j:plain
今年も不二家です!

娘のスペック

・私立幼稚園年少
・自閉症スペクトラムグレー
・今月からST再開(私の出産のため3ヶ月おやすみしてた)
・来月発達検査(半年~1年に1回)


・お箸はまだ
・ハサミもあんまり
・左利き?
・アンパンマン卒業せず(でもアニメは見ない)
・すみっコぐらしは話は見ないけどキャラクターとして大好き
・ひらがなの前にアルファベットの大文字・小文字完璧
・英語もどんどん吸収中(そのまえに日本語……)
・身長も高いまま(105cm↑)/服は110cm
・靴は18cm

「おねえちゃん」になった一年

この3~4歳の間、彼女は「おねえちゃん」になりました。
弟という存在が出来て、なんだか不思議そうにしています。


去年の11月頃から、急に「抱っこ!」と言うようになりました。
それまで抱っこちゃんじゃなかったのに、急に。
私がつわりのはじまった時期でした。
いまでも、抱っこちゃんです。


私が出産で入院して産後家に帰ってきたら、なんかその5日間で娘がすごく体が大きくなった気がしました。
体ががっしりしているというか。
筋肉がしっかりついたというか。



あまりにももう、重くて。
身長も高くて抱っこするには大変すぎて。


元々ずっと体が大きく、3歳の後半から抱っこがしづらかった娘。


ああ、もう私はこの子を抱っこできないかも。


もっと妊娠前に抱っこしておいてあげれたら良かった、と心底後悔しました。







……が。



赤ちゃん返りなのか、反抗期なのかわかりませんが。


ご飯と呼んでも来ない。
手を洗おうと言っても来ない。
お風呂と言っても来ない。


結局、産後1か月経ったあたりから私が強制執行で「お姫様抱っこ」で運ぶ日常に戻りました。



「もう抱っこできないかも……」と、センチメンタルになったあの夜を返して。




さて、悩みに悩んだ去年。

i3valley.hatenablog.jp



幼稚園は、機嫌よく通っています。
今のところ園からは呼び出しや特段電話もないので、多分来年もお世話になれる……ハズ。
4月入った当初は登園しぶりがあったらどうしようかとヒヤヒヤしてましたが、1日目から通園バスにスタコラサッサと乗り込んで行きました。
給食も療育グループで慣れていたからか、初日から完食。
母子分離という点も問題なかったのは、本当グループさんのおかげ。

i3valley.hatenablog.jp



一年前。
幼稚園見学の前に説明に行ったとき。


「うちの園は、無理なことはその子にはさせません。
 お遊戯会や運動会も、本人がやらないのであればやらせません。
 『みんながやってるから、うちの子にもやらせてほしい』という方には向きません。
 また、(子どもが)やらない姿を親が受け入れられるかです」


とスパっと言われてたんですね。
うちの娘は、超絶マイペースで本当に興味あることしかしない。
だから、発表会や運動会では「公開処刑」になる姿は覚悟するしかないな、と思っていました。



周りが出来ていて、うちの子ができていない。


そんな姿を見るのは多分つらいけど、それでも集団生活をおくれる場所を探さないと。
覚悟して、入園させました。


ちなみに園は、中規模ぐらいの家族経営アットホーム的幼稚園です。
外遊びが一日2回、親の出番はほとんどない園。
最初はあまりにも園との関わりがないので大丈夫だろうかとヤキモキしていましたが、便りがないのはなんとやら、プロにお任せしてるんだし! とあまり気にしないことにしました。


夏休み前に、夏祭りがありました。
祭りといっても、盆踊りを披露するという完全な発表会。
もう、絶対公開処刑になるやつやん……と思いながら行きました。


ええ。
やっぱり。
入場退場で他の組に行ってしまうわ、ふらっと順番抜かして行進するわ、主任の先生にマイクオン状態で名前呼ばれるわ。


なんというマイワールド・オンステージ。


それでも。



なんと!
盆踊り、2曲はなんとか!



みんなと!
踊れているではありませんか!
3曲目はもう体力使い果たしてフラフラしてた!


すごい!
あんな療育グループでも頑なに「ピカピカブー」も「エビカニクス」も避けていた女が!
踊っている!
なんかズレてるけど、それでも結構正しい感じで脱走せずに踊ってる!!!!!
もうこれだけで成長に感動しました。


うん、いやまだボタンも箸もなんならお着替えもトイレトレもどれもこれも完璧じゃないんだけどさ……。
それでもすごいわって思ったんだよ……。
期待値が低すぎるっていうのもあったけど、それでも感動したんだよ……。
ちなみに終わってから先生に「今日は(目印の)円の中にいてくれましたね~」と言われた!
普段はいないのか!
先生本当に毎日ありがとうございます……。
先日もスモッグが帰宅後通園カバンの中になくて、園に電話したら「おもちゃ箱の中に詰め込まれてました~!」って言われました。
なんでや!




あと。
私は娘が療育にお世話になってることをそこまでオープンにもしてないし、隠してもないっていう感じで。
そうしたら、この1年でご近所さんとか親戚とかから「療育について聞きたい」という相談が結構寄せられたんですよ。
私の体験談もだけど、資料とか仕組みとか、そういうものが他の子の役に立ってよかったなーと思います。
本当に去年の幼稚園決めるときに禿げそうになるほど悩んだんですけど、「こりゃハゲるね……」と1年経って共感してもらえるということもあり……。
みんな、悩むよね。

上の子ケアといいますが

よく二人目を出産したら、「上の子ファーストで」と言われます。
上の子のケアを大切に、と。


うちの子は本当に、どう転ぶかわかりませんでした。
2才前から同居で、おじいちゃん・おばあちゃんに慣れてるとはいえ。
私がずっと家をあけるのはこれが初めて。


息子の出産は夜。
娘の寝かしつけ中に陣痛がきたので、彼女は「朝起きたらママがいない!」状態。



ですが。



めちゃくちゃ普通に起きて、めちゃくちゃ普通に幼稚園に行って、めちゃくちゃ普通に寝たそうです。
なんかこれは、超絶マイペースという特性がいい方向に作用したように思います。
たまたまですが、ラッキーでした。
入院中、テレビ電話したけどそこまで恋しがられなかった……。


一応、4月ごろからお風呂で毎日呪詛のように、


「ママは、6月になったら、お腹の赤ちゃんを迎えに、病院にお仕事に行ってきます。
 病院でお泊りになるので、お家でお留守番、しててくださいね」


と言っていたのですが、その当時は理解していたのかどうかは謎でした。
でも多分、最近の様子だと理解していた気がします。


産後は夫に娘を頼んでいたのもあって、もう完全にパパっ子です。
私が「お散歩行こう!」と言っても来てくれません。
え、上の子ファーストってことで、こう、おでかけに誘ったんですけど……? と私が振られる。


まぁそんなこんな、あの分娩室に入れず手術台で産んだ子がもう4歳ですよ。
余談:息子を産む前の助産師さんとの面談で「なにか希望がありますか?」と聞かれ、真剣に「LDRで、分娩台で産みたいです。それだけできれば何もいりません」と答えました。助産師さんが「は?」って顔してた。


今後のスケジュールは変わらず。
発達相談もあるので、そこから秋~冬でどこかの療育機関にかかれればいいなと思っています。
最初はコミュニケーション能力を重視していましたが、いま本当に興味があることしかしないので、もうちょっと身辺自立のお稽古ができて、運動能力的なところもカバーできたらいいなあと思うようになってきました……。


とにかく、よく食べて、よく寝る!
健康で助かります!!
十分大きいんだけど、これからもすくすく育ってください!
お誕生日おめでとう!
今日は煮込みハンバーグだよ! 


そして、Twitterやこのブログで私が垂れ流す娘との日々を「いいね」してくださる皆さん、いつもありがとうございます!
今後ともよろしくおねがいします!