読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

29/b++

コスメや漫画や演劇やたまにライターの仕事の話とか

2015/12/14:“毎日がクリスマス 2015~堂島孝平×中田裕二~”

音楽

Twitterでも喚き散らしておりましたが、ちゃんとまとめておきます。
過去、みなさんがこのイベント決まった時の反応と私の記事。

i3valley.hatenablog.jp

“毎日がクリスマス 2015~堂島孝平×中田裕二~”

f:id:i3valley:20151216172158j:plain
2015年12月14日(月) 神奈川:横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール
座席指定。
OAあり。ReNという男性アーティスト、なんと21歳! 堂々としてたなー!


以下、もちろんニュアンスでのレポートだよ!
こんな感じの演奏でこんな感じのトークだったよっていう! ニュアンスだよニュアンス!

中田裕二からスタート

セトリは
クリスマスキャロルの頃には稲垣潤一カバー)
・誘惑
・STONEFROWER
・朝焼けの彼方に
・とまどい
・ママがサンタにキッスをした(おふざけ)
・髪を指で巻く女

だったような。きっとTwitterに正しいの誰かがつぶやいてると思いますよ(適当)。
衣装もインスタで見られますよ(適当)。


最初登場して、曲を始めるかと思いきやトークから始まってちょっと驚き(笑)。
「クリスマスっていいですよね~。僕クリスマス好きなんですよ~」という話をしていたのに、途中から「クリスマスを恋人と過ごすとか」と一定の人たちをDisり出す!
さらに「サンタね、信じてて。ある年サンタを見てやろうと薄目あけて待ってたんですよ」そしたらまぁ、サンタの服じゃない人がプレゼントおいて行ったという。
「そのときもらったのがSDガンダム。いま武者ガンダムっていう」という声に男性のお客さんから笑いが起きていました。


稲垣潤一さんの曲もクリスマスだけど楽しい、とかじゃなくてすれ違うような複雑な曲ですよね~。僕もクリスマスにぴったりな曲を……『誘惑』。


うそつけ!!


思わず心のなかで突っ込んだわ! どこがぴったりやねん! いいぞもっとやれ!
途中から崩しまくって「もはや原型を留めてない」と本人が笑い出すフリーダムな『誘惑』でした。
なのに、『STONEFROWER』めっちゃかっこい! ギターがとにかくすごい!
そして『朝焼け~』がまた声の伸びがいい。
今回ホールだからか全体的に照明がすごくよくて。『朝焼け~』は歌詞の通り、緑と青からオレンジが入って……と再現されていてとてもよかったです。
雪の結晶の形になった照明とか、とてもクリスマス感があって可愛かった。
正直、私の席(真ん中よりちょっと後列、ど真ん中の席)はまぶしかったんですが……あれだけキレイだったら文句言いません!


『ママがサンタにキッスをした』をかるーく歌い出したものの途中で間違い、やり直し。
『~でも そのサンタは~ さ~と~る~』♪


さとる……( ˙-˙ )? (今話題の『真顔』の顔文字)


「まぁね、さとるっていうのは僕のオヤジなんですけど」
さとる……( ˙-˙ )。


あと「クリスマスって12月入ったらもう25日まで楽しいじゃないですか。いいですよね、このイベントのタイトルみたいに『毎日がクリスマス』だったらいいですよね。でも、ハロウィンってあれなに!? 『毎日がハロウィン』ってイヤじゃないですか?」とハロウィンは絶対に認めないという主張をされていました。


『髪を指で巻く女』でわーっと盛り上がって楽しかった!!


堂島孝平

セトリ。
So She,SoI
センチメンタル・シティ・ロマンス
ベンジャミン、空を睨む
(クリスマスカバー)
き、ぜ、つ、し、ちゃ、う
PERFECT LOVE(カラオケ)


初めての方も多いと思うので、曲紹介丁寧にやりますね~。とそれぞれの曲のタイトルしっかり言うのが堂島さんですね。
『センチメンタル~』はラストのサビ『し~ろ~い~♪』のところ、2回ほど原曲も繰り返すんですけど、これ4回ぐらい繰り返し始めて、あれ……? って思い始めたところに「これ、終わらないヤツ!」ともう何回リピートしたことか(笑)! しかも途中で一人でエコーかけだしたり、コーラス入れ始めたりとあの手この手! いいぞもっとやれ!

『ベンジャミン~』はじだんだ~のコーラスをみんなでやって会場の統一感を出したり、さらにクリスマスカバーではギターからピアニカで数々のクリスマスソングをアレンジ入れて弾いたりとさすがの構成!

さらに弾けたのが『き、ぜ、つ、し、ちゃ、う』。
これまたセンチメンタル~のように、「ぜ、ぜ、ぜ、」ってリピートする部分、何回言うの! ってぐらい繰り返す(笑)。
しかもあとで言ってたけど「これで僕、今年ライブ納めで(※違うと思うよ!)、だからもうノドどうなってもいいや~って」と、高音で「ぜ」を絶叫したりとやりたい放題にもう、客爆笑するしかない。
 

そしてアルバムがもう発売になるので、その中から。
「で、ぼく、一人でやってるんですけどね、ソロだから。でも、ここでまさかの! カラオケ! カラオケで歌います!」
と、ギターを置いてコード付きマイクで歌い出す! 
しかも「ディナーショーみたいに!」と客席降りてきて、練り歩いて歌ってくれるし、客に歌詞カード持たせてそれ見て歌うし(めちゃくちゃ近くにきた!)、コード絡まるからってまさかの客にコード運ばせる「コードウェーブ」をさせたり!

もう、私たちも楽しいけど、やっぱ本人が一番楽しそうなのがなにより。
そしてこの「PERFECT LOVE」ってご本人が結婚されたからこそかけた曲なのかなぁって思ったりします。いい曲ですよね、ほんと。


間には、「中田くんのアルバムも出てて。いいよね、さっきの『とまどい』とか、最後の方のこう、(なんとも表現しがたい擬音語)こんな感じの。ごめん、タイトル覚えてない」。『Musk』か……?

「中田くんとやってると思いきや本当久々で。今日来て『好評です』って言われて、『このブッキングした人えらい』「堂島と中田なんて最高!』みたいな感想が多いらしくって、それでね、エゴサしたの! Twitterの! そしたら、そう書いてくれてた人のプロフィールみたら、大体が『好きなアーティスト』で中田くんが先で、僕だいたい四番目ぐらいなの!! なんなのもう!!」


堂島孝平って知ってるけど、今日初めてライブ見るって言う人、どのぐらいいます? 手を挙げて~(0.3秒で)もういい! おろして!! すぐ下ろして!! 思ったより多かった! 多かった!」


「後ろにね、ミカン置いてあるんだけど(鏡餅のように鎮座していた)、これ今日楽屋入ったら中田くんに『おいしいミカンありますよ』って言われて。それで今日のメンバーに」
演奏中ミカンとアイコンタクトしたり、ミカンを目立たせたりとミカンがりっぱなメンバーでした。まさかの小道具。


アンコール

アンコールは2人で登場。

中:「ここ2人、実は共通点か多くて」
堂:「そうそう、小松シゲルくんとか」
中:「小松さんはどっちでもドラムで、あと隅倉さんとか」
堂:「普段『小松さん』て呼んでるの?」
中:「普段は『シゲルさん』ですね。堂島さんどう呼んでるんですか?」
堂:「大型犬」
中:(爆笑)
堂:「だってさあ、もうゴールデンリトリバーにしかみえないんだもん!!」
堂:「ぜひ今度はバンドでもやりたいですね~」
中:「本当ですね」


堂:「年も近いよね? いくつ?」
中:「5歳(違い)ますね」
堂:「5歳!? 俺が5歳!?」
中:「違います違います(笑)! 5歳違いです」
堂:「なんか、よく『子役から居ますよね』とか言われるから、すごく敏感なの!」
中:「ポンキッキーズに居そうですよね」
堂:「いないっつぅの! いやでもこうして、実力派のアーティストがね、下の世代で出てきてくれて嬉しいね」
中:「いやいやいや、堂島さんだって」
堂:「おれ、実力派っていうか…」
中:「実力行使な……」
堂:「そう、実力行使で。ぼくもさ、こう、中田くんみたいに座ってやれればいいんだけどさぁ。さっきも『ディナーショーみたいに』って言いながらも結局ミュージカルみたいになっちゃって! ٩(ˊᗜˋ*)و<『パーフェクト、ラーブ!』 って、もうなに!」
中:(爆笑)「いやー、初めてみました、コードのウェーブ。あとまさかのカラオケ!」
堂:「カラオケの技、使っていいよ」


今後、中田裕二のライブでガチでカラオケ演奏に本人が歌う演出があったらそれは堂島孝平のせいです(笑)。


中:「ぼくら、昔一度だけ共演したんですよね。キャプテンストライダムと椿屋と3組。ほか抜けてたら申し訳ないんですけど」
堂:「あまりにもうろ覚えで、2人であれこれ思い出しつつ話したけど辻褄があわない……」
中:「そのとき、バク転してて『うわすげぇ! この人なんでもありか!』って思いましたよ!」
堂:「もうね、覚えてもらうためにはなんでもするの!」
中:「あと今日ミカン」
堂:「えー、もともとはこのミカン、中田くんのところのじゃん! 僕が引き取ったんだよ!」
中:「そうでした」
堂:「方向性の違いで別れたのを」
中:「放流したミカン」


最後、2人で佐野元春の『約束の橋』を。これは中田裕二セレクトだったそうで。
「僕もコーラスで佐野さんご一緒したりするけど、6割ぐらい何言ってるかわかんないんだよね」と(笑)。

2人のハモリ、コーラス、これがすごくあってて!
声質ぜんぜん違うのに、すごくよかった!
のに、最後のほうで二人ともハモリを歌い出して(笑)、主旋律歌う人がいないという最後まで楽しいイベントでした。


ほんと今度はライブ、バンドで!!
バンドでーーーーーーーーー!!!

おまけ

今回はチケットの半券で抽選会がありました。
3人に2人のサイン入りコースター、3人にスケートリンクのペアチケット。
まぁどうせ当たんないし~と2人が抽選箱からくじ引くのをニマニマしながら見てて(中田くんが引くんだけど、それに手を被せてくる堂島孝平)、最後に「○列×番」と呼ばれ。
んー……え!? ○列×番!? え? (バッと後ろの自分の座席番号確認)、あああああ、はいはいはい!!!


中:「あ、そこの。メガネの」
刻々頷く私。
堂:「黒縁の」
中:「黒縁の」
堂:「メガネの。…ごめんね中身ない会話で」
ぶんぶん頭振る私。


というわけで、サイン入りコースター当たりました。
なにこれ、奇跡か……。
2人がサンタクロースだったのか……。
10年前のイベントでみてた2人、10年後横浜でこうやってまたライブして、それの思い出の品まで……。


私はこういう「遠征」って全くしない人です。
ツアーは自分の移動範囲内、関西~東海~北陸だけ行けば満足で。
関東圏くるの、しょこたんのバースデーライブだけなんですよ。
忙しくて堂島くんの20周年ライブも言ってないし、椿屋時代も九段会館渋谷公会堂も行ってないんです。
でも今回は、行くっきゃねぇ! とチケットもホテルも交通手段も抑えて。
かなりイレギュラーでした。


ということで、前ブログから10年前、2人が共演した感想のブログを引っ張ってきました。
i3valley.hatenablog.jp


ファンも、ブログも、続けておくとこうやってまた結びつくものですねぇ。

もう中身ぎっしりのイベントであれこれ抜けてるんですけど、もうすでに4800文字近く書いてて、文字数でお困りの卒論で泣いてる大学生にわけてあげたいぐらいの文字数になってるんで、このへんにしておきます。

f:id:i3valley:20151216171741j:plain


輝きを、ときめきをありがとう!