読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

29/b++

コスメや漫画や演劇やたまにライターの仕事の話とか

2005/03/03(木) 爆ひな’05 powered by fm osaka 851

音楽

※前ブログからの引用、再編集したものです。


2005/03/03(木)
爆ひな’05 powered by fm osaka 851
心斎橋BIG CAT
出演者:キャプテンストライダム椿屋四重奏堂島孝平


いきなりトップバッター、椿屋四重奏


一応セットリスト(順番前後有り・覚えてない)
・成れの果て
・紫陽花(新曲・6月発売予定)
・群青
・小春日和
・螺旋階段(新曲・6月発売予定)
・空中分解
・風の何処へ

もう、私はこれで2500円分楽しんだと思った。むしろもっと払っていい。
「小春日和」が始まった瞬間、もう椿屋聞き終わって倒れても良い! と思った。
椿屋についてはまたあとで熱く語ろうと思う。


二番手、キャプテンストライダム
正直、全然知らず、ノーマーク。
曲も人数すらも調べずに行ってみた。
へー、3人かー。椿屋と一緒なんだー。
バインぽいのかな?

なんて思ってたけど、彼ら登場2分で「違う! この人らアホや!!」とわかる。
2,3曲目で、「私しってるじゃん! この曲しってるわ!」と気が付く。
ってことで、キャプテンストライダム、知ってた。すいません。

MCも面白かった。ひな段にどらえもんとか飾ってあったらしい。
それひな祭りじゅないよ、きっと。


もう、なんだろね。
何も考えなくて、頭カラッポで、むちゃくちゃのれた。勝手に体動く。
ドラムの方が、演奏中いつも笑っているのだ。それをみて、こっちも笑ってしまう。
ボーカルの人より大きく口をあけて、笑顔でドラムを叩く。
あと、メガネの人はどこからあの声をだしてるんですか?
メガネからですか?


もう、なんて椿屋とキャプテンストライダム、対照的なバンドなんだか。
面白いイベントだなぁ、と笑いながら体ゆらしてた。


そして堂島孝平



セットリスト(前後アリ・以下略)
・なんて悲しい歌聴いているんだろう
・SHORT CUTTER
・高速の男
・LEO
・サンキューミュージック
・45℃
・ルーザー

今日はハイプリなのか弾丸なのか知らなかったので、どうくるんだろう?
と思っていたらなんと、四人編成でした。キーボードなし。
ドウジマ氏・小松氏・八橋氏・村田氏。


「SHORT CUTTER」と「LEO」はライブじゃないと聞けない曲。
聴く度、来たぞー! って思う。「LEO」大好き。
「高速の男」はほんと、ライブで聴くのひっさびさ。びっくりしました。


MCも相変わらずで面白く。
客席からの「かっこいい!」という声に、「今素でうれしかった! 最近かっこいいってあんまり言われないからね」と言っておりました。
そしてひな祭りの思い出で、近所のみっちゃんがひなあられを投げつけてきたっていう話。
みっちゃん、節分と間違ってると思う。


あと二つのバンドについて、
「ナカタ? ナカダ?君? 椿屋しぢゅっそ(噛む)、……椿屋四重奏の。いやー、彼みたいにね、二枚目だったらね~、人生変わったろうねっ! オレだったら、こう、ブランデー持って歌いたい感じ。(客が笑ってるの見て)え、違う?」
キャプストのねーボーカルの彼と、実は、生年月日が一緒だった! お互い29ちゃい。」



45℃でまた踊り狂う。バク転しました! よっしゃー。

なんか、今日は「ロックシンガー・堂島孝平!」って感じの演奏でした。
いや、ほんと。ガンガンにくる。ドウジマ氏もすんごい汗かいてたし。
最後、手売りしてくれてましたー! わーい。
でも私が買ったのは椿屋のキーホルダーだったけどね! 最後、何故か椿屋のTシャツまで宣伝してました(笑)。


どのバンドでも思ったんだけど、すごく照明がかっこよかった。
曲とすごくあってて、印象に残った。
ちなみに、このライブの模様は、FMosaka851で3月下旬に放送。
「拍手、ほら、いいよ続けて。じつはこれ、ラジオで流れんの! だから、中途半端な拍手とか、人気ないと思われるから!」
と、堂島孝平は拍手をあおってました(笑)。



んで。
椿屋四重奏
むちゃくちゃ良かった。
始まった瞬間、初めて堂島君の演奏を生で聴いた時の感動と同じような、もうぞくぞくした。


始まる時におもったけど、ドラムのとこにもベースのとこにも、マイクがなかった。
そうだ、椿屋の歌ってコーラスみたいの入ってないな、と気が付く。

演奏も、どの楽器も主張しすぎないで、ぴったりとはまる。
だから、歌がとても聞きやすい。
確かにむっちゃくちゃバリバリなんだけど、でも、すっごく聞きやすい。
そして、永田氏、小寺氏もアイコンタクトで意思疎通がばっちりで、一曲一曲キレイに終わる。
だから拍手もしやすいし、最後までじっくり聞ける。
艶ロック」っていうけど、なんだろう、それすっごい分かった。
中田さんの色気も混ざり(いや、ほんと、むっさかっこよかった!)、曲、歌、演奏、すっごいパワーなんだけど、上品というのは言葉が違うのかなぁ、なんだろー、うまい言葉がないけど。
どこも雑じゃないし、ぶれないし、力や衝動や勢いだけじゃ絶対ないし。
すごく計算されてるバンドな気がする。


ちなみに新曲2曲、6月に両A面マキシです。
この二曲、すばらしかった!!!
ってことで、これから椿屋信者になります。
アイコンタクトのとき、永田氏がたのしそうなんだよな、すっごく。


ってことで、ほんといい一日でした。
全く違う三組、楽しかった!


2015年の私から

10年前のライブレポ! ひー! 余計なこと書き過ぎでだいぶ削除しました。
横浜のイベントで「僕34です~」って中田さん言ってたなぁ、このとき24歳か……。
私、ハタチ……いや、3月だから10代なんじゃ(鳥肌)。
この日が私、初椿屋だったんですよ。まだ3人で『紫陽花』発売前。
堂島くんはもう結構行っててたんですが、ちょうどこの数か月前にネット友達から「椿屋ってしってます~?」ってMD(当時はMDだったの)をもらってそこから情報は追ってたんです。
そこにポンとこのイベントがあって、スコーンとはまりました。
このときはイベントでもバンド同士が絡むことはなく、独立したタイプだったし、SNSもさほど登場してない時代だったのでバンドやメンバー同士がどういう交流してたのかしりません。
それから10年、いまやSNSで楽屋裏まで知ることができ、ああもうありがてぇありがてぇ(拝む)。