読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

29/b++

コスメや漫画や演劇やたまにライターの仕事の話とか

ディズニーシーに数年ぶりに行ってきたよ

いまは辞めてしまったが、会社の去年の忘年会の景品でディズニーの1DAYパスポートを当ててしまった。
そのときの私の心境は、


「やべぇ、どうしよう」


だった。

冷めてる2人

というのも、学生時代は友人たちと数回行ったものの社会人になってからは一回も行っていない。
しょこたんのコンサートでアンフィシアターというディズニーの敷地内らしき部分には行ってるんだけど。
私はディズニー映画もほぼ見ていない。
あの『アナと雪の女王』も見てない。
でも、ラプンツェルは見た。それもしょこたんが声優してたから。
しょこたん基準。
そして夫が全くディズニーに興味がないどころか「俺がディズニーに行ったらアイデンティティが」とか訳のわからないことを言っていた。
夫はディズニーシーに行ったことがないらしい。
そんな2人なのでパスポートを入手しても「わ~い! あたった~~~」という喜びより戸惑いが先行してしまったのだ。
しかし、無駄にする訳にもいかず期限ギリギリで滑りこんだのであった。

無計画で行ったわりに

とりあえず「お酒が飲める」という理由でディズニーシーだけ行った。
始発に乗って、9時ぐらいにディズニーシー到着。
早速迷ったり、「どうしたもんか……」ととりあえず園内を歩いた。


f:id:i3valley:20151116113511j:plain
おー、やってきたぞー。


・海底2万マイル
・ストームライダー
・センター・オブ・ジ・アース
・マジックランプシアター
・タワー・オブ・テラー


など満喫。

初心者だけどわかったこと

・レストランも並べば入れるしそれほど高いってこともない
・お手洗いも並ぶけど困るほどじゃない
・ブラックペッパーのポップコーンはとにかく美味しい
・地図見て困ってたら絶対キャストの人が声をかけてくれる
・ミッキーはショーに写真撮影やレストランへの挨拶と大忙しで過労でそのうち死ぬと思う
・キャストの人かと思ったらコスプレしたただの客だったこと多数
・Ingressのポータルだらけでサクサク
・おみやげ屋は大変
・女の子はダッフィーがいればそれでいい
・中国人はダッフィーの人形をとにかく爆買いする
・夜のライトアップがとてもキレイで夜だけのチケットって需要あるのがわかった
f:id:i3valley:20151116113512j:plain


クリスマスだった

いまのディズニーはどこもかしこもクリスマスで、「そうか~もうクリスマスだよね~」ともう12月だと錯覚していた。ディズニーマジック怖い。
ちょうど「フォートレス・エクスプロレーション」をやっていたときにステージが始まって、遠目から観察。
穴場だったらしく、ステージは見えないものの中央の海のパフォーマンスはしっかり見られてラッキー。

f:id:i3valley:20151116113514j:plain


それに味を占めたので、夜の一番のショーもそこから見た。

f:id:i3valley:20151116113513j:plain

花火やら電飾やら現代技術を駆使したショーは「LEDすごいなぁ」という感動をくれた。

f:id:i3valley:20151116113509j:plain

水とのコラボレーション、すごい。

はい、ドーン。
f:id:i3valley:20151116113510j:plain

夫は意外にアトラクションよりこちらのショーが気に入ったらしい。



ハプニングも

それにしても外国人のお客さんがとっても多いことに驚きました。
「フォートレス・エクスプロレーション」はマップをもらって謎を解いていくオリエンテーリングのようなものなのですが、なんとそれをやってるときにおそらくイタリアの団体さん8人に助けを求められ。
えええ、いや、どうしてまずこのアトラクションやろうと思った?
だって英語の説明もなにも載ってないってわかるじゃんこれ!!
しかも、「英語わかる?」って話しかけてきた割にはイタリア語でまくしたてるおばさま。
いやいや、こっちの話きかんかい!!!
困ってしまってキャストの人を呼んできましたよ……。
いや、陽気で楽しい人たちだったんですけどね、無謀すぎるて笑ってしまった。
なんでも挑戦したいその精神、いいね!

グッズを希望

私も気分が高揚してしまい、「ダッフィー買うか!」と思ったけど値段にビビって素に戻った。
魔法は金でとける脆いものだった。
その中でも私が気に入ったのが、いろんなプリンセスの靴が描かれたデザインのグッズ。
見ただけどマグカップ、お皿、iPhoneケース、エプロンぐらいしかなかったので、もっと展開してほしい!!
iPhoneケースは6しかなく、「わたし、6に替える~~~」とダダをコネだし(※来月三十路)、夫に見捨てられそうになった。
いやしかし本当に素敵な柄なので、もっと手鏡とかノートとかグッズ展開してほしい。



心配された天候にも恵まれ、風が吹くと寒かったけどそこまででもなく、ちょうどよかったです。
帰りも電車もそこまでぎゅうぎゅうで~ってほどでもなかったし。
葛西のホテルに宿泊し、偶然にもあの「ハチクロの観覧車」も見られてよかったです。


さて、翌日東京二日目は「せっかくだから東京国立博物館でやってるブルガリ展!」ではなく、「東京国立博物館でやってる兵馬俑展!」に。
ディズニーからの兵馬俑!
明日公開!