29/b++

コスメや漫画や演劇やたまにライターの仕事の話とか

再掲■実録! これがワンクリック詐欺だ!

昨日書いた記事が消えてる……。
もうやる気が無いので、以前のブログ(現在閉鎖)に書いていたものを再掲しておきます。


なんでこの記事を再掲しようかと思ったのかというと、いまインスタグラムにて「インフルエンサーになりませんか★ 副業OKだよ★」というメッセージをもらってるからです。
ついこういう怪しいメッセージをもらうと、どんな文章で人を釣るのかなぁとウキウキして乗ってしまうのですが、これがまたすんごくつまらない……。
なので放置。
せめて以前のニセ松潤迷惑メールぐらいぶっ飛んでてほしかった。
今回は絵文字も普通だし……。

i3valley.hatenablog.jp


ワンクリック詐欺編

※これは2013年の出来事
※当時の私は適応障害で会社を辞め、治療しながらWEBライターの仕事をチマチマしていた
※だが本当はニートだった


事の発端は、今月の中旬であった。
普段、仕事用(という名のネット用)でしか使ってない、iPhoneに電話がかかってきたのである。
東京からだったので前の取材(という名の会社見学)した関係かしら~? 
と、たまたまiPhoneいじっていたときだったので、うっかり出てしまったのである。


電話の声は男性。
いきなり向こうから電話番号の確認。


「弊社運営のアダルトサイトへ入会しているが、1か月は無料会員でその後はお金がかかるのに、支払いがされてない」


との電話であった。
無論、私はそんなものに入会していない。


ああ、これがワンクリックや振り込め詐欺なのね~と思いながら対応。
多分、むこうの人も女が出るとは思わなかったんだろう。
ちょっとナめてる感じ。


「はい? 私そんなものに登録してませんし? ちなみにいつなんですか?」
と聞くと、去年の1月4日にアクセスしてるんですって。
正月からヒマだったんでしょうか、架空の私は。
まずはしっかり断る実績がいると思ったので、


「とにかく覚えがないですし、何かの間違いだと思います。さっさと退会処理をしてください」ときっぱりハッキリ。


男性はのらりくらりとなんだか言うので、


「あー、なんか2ちゃんねるのまとめサイトとか見てる時に間違ってリンク押したかもしれませんね~でも登録してないですから」


とさらに覚えがないことを強調。
(※今回手帳を見て確認したのだが、この頃ライターの仕事でちょっとキワドイWEBページ見ていたことがあるのでそれ関係でリンクを踏んだのかも)



「料金が払われてないと、内容証明というかたちでご自宅や、お仕事先にまで届くことになります」


というので、
ここぞとばかりに超笑顔で



「あ★ それなら大丈夫ですッ★ 


 私、働いてませんから☆(ゝω・)vキャピ」



と答えたのに、スルーされた。


むかつく。


「間違いだと思うので、しっかり調べてください。
 いまから私医者に行かなくちゃいけないんで、もう今日は終わりにしてください」


と、強制終了。



そしたら、その5日後に留守電。


なんか適当に聞いたけど、退会処理もしてくれてないし、料金支払ってないから請求書作ってるし、なんとかかんとか。
カスタマーセンターの安藤まで電話くれだって。
おいおい、どこの会社の安藤さんなだよ。
私はどこのサイトにアクセスしたんだよ。
どのIP使ったんだよ。
どの端末からアクセスしたんだよ。


このへんぜーんぶ何も言ってないっておかしいですね~。
それに料金も言わないんですよ~。



そしたら今日、また留守電。
今回で3回目なので、相手がそろそろヤクザ口調になるかと思ってたのですが、普通でつまらん。


内容証明作ったって。
自宅や職場に送るんだって。




へー!


私、働いてないのに、どこに送るんですかね~????????
逆に教えて~??????
ニートの私、働いてるんだって~!!!!!!
そこに連絡したらお給料もらえるのカナー????????? やったーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!



まぁ、せっかくなので晒しておきましょう。


電話番号0368582958の詳細情報 - 電話番号検索



ぐぐれば一発で出てくるのに、なんでこんな強気なのかとっても不思議。


で、私がなんでこんなに律儀に留守電聞いてやってるかというと、興味半分と、iPhoneて最初から着信拒否の機能がなくって、SoftBankが提供しているナンバーブロックを使わないといけないんですが、それを忘れていたからっていう理由です。


学生時代に就活詐欺のにーさんや、アクセサリー制作詐欺のおっちゃんと直に対面してやり取りしたこともあったのですが、ソレに比べてやっぱインパクト少なくておもしろみがありませんでした。



まぁせっかくなので、ブログにしてみました。



と、まぁこんなことが

上の「就活詐欺のにーさんや、アクセサリー制作詐欺のおっちゃん」は地元、大阪の千里中央の今は亡きスターバックスでやり合いました。
「経費で落ちるから」と高いフラペチーノを奢らせたので、実質は私の勝ちだと思っています。
さすがに梅田で声かけられた「5千円でモデルの仕事をしないか」というのは危ないと思ってすぐ逃げました。
良い子は真似しないでね。
怪しい話は社会人になってからは英会話教材ぐらいかな~。
我が家はマンション住まいですが、結構宗教の勧誘でピンポン鳴らすメンタルがおかしいぐらい強いひとが多く、その場合は「いま天ぷら揚げてるので」と言ってインターホン切ります。