29/b++

コスメや漫画や演劇やたまにライターの仕事の話とか

胃腸風邪で苦しみ、サイト閉鎖で泣いた週

雪がすごいようで……。
実家が富山なんですけど、両親ともども大阪に用事があって離れております。
祖母もそのあいだはショートスティにお世話になってるので、実家の心配はありません。
早く石川、福井の雪がやむことを祈っております……。


そんな間、私は月曜から胃腸風邪をやっています。
なんか先週からお腹の調子悪かったんですけど、そこまででもないし~って思ってたら、土曜日あたりからひどい頭痛で。
でも日曜とか月曜の午前までなにもなかったんですよ。

そしたら、月曜のお昼12時をまわったとたんに頭痛がはじまり、気持ち悪くなってつわり以来のリバース……。
丁度両親が家に寄ってくれる日だったので、きてもらって娘をお願いして、少し横になっていました。
もう本当、この日で良かった……。
両親きてくれてなかったらどうなってたことか。
そして速攻で病院を予約して、父に連れて行ってもらって予想通り「胃腸風邪」の診断……。
ここ毎年胃腸風邪やってるんで、かなり初期段階で病院行けた! って自分では思ってます。


おかげでもう昨日の夜辺りからはまぁまぁで。
吐き気止めの頓服もらってるので、それを1日1回気分悪いときに飲んでなんとかなってます。
「感染経路わからないからねー」と先生に言われて、まぁほんと仕方ないのであとは自分の治癒力を信じるしかないです。
おかげで4コマブログもまったく手につかないな……。


そして追い打ちをかけるように、WEBライターとしてエンタメ系の記事書かせて頂いてたサイトが閉鎖になるというニュースも飛び込んできて。
編集さん、


「記事につきましてはぜひ、ご自身のブログなどに掲載していただけたら。
 とてもわかりやすく、作品の魅力がつまっていて、
 今後読めなくなってしまうのは大変惜しいことですから」


って、zipファイルにまとめて送ってくださったんですよ。
たった3回しか記事書いてないのに、こんな丁寧に……。


もうね、泣きました。
妊娠中に新しく参加したサイトだったので、復帰したいなぁと思っていたところだったのでとても残念で寂しくて。
せっかくなので、時間あるときにUPしたいです。
いつもすごく丁寧に対応してくださって、「自分が編集部時代にこんな丁寧な対応、できていただろうか……」なんて反省するほどでした。
こちらこそぜひ、またサイトを立ち上げてその対応、管理スキルを活かしてほしいと思ってしまいます……。


そんな2月のスタートでした。