読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

29/b++

コスメや漫画や演劇やたまにライターの仕事の話とか

見てきた:『ハムレット』

GWにスガフェスにも行かず関西でなにをしていたかっていうと、これ。


f:id:i3valley:20170509095907j:plain

ハムレット

www.hamlet-stage.com

舞台のチケットをもうすんごく早くから取ってたのです。
母と母のご友人と3人で行ってきました。
そういや、兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホールって、ここで前も内野さんみたな……。
調べてみたら、2010年の『イリアス』でした。


ハムレット
2017/5/4 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール

[作]ウィリアム・シェイクスピア
[翻訳]松岡和子
[演出]ジョン・ケアード
[演奏・音楽]藤原道山
[出演]内野聖陽 / 貫地谷しほり / 北村有起哉 / 加藤和樹 / 山口馬木也 / 今拓哉 / 大重わたる / 村岡哲至 / 内堀律子 / 深見由真 / 壤晴彦 / 村井國夫 / 浅野ゆう子 / 國村隼


キャストがこれまた見たい! っていうひとばかりだったので満足です。
ところで内野さん、全然『イアリス』のときと印象、全く変わらないんですけど……。めっちゃお若いじゃないですか……。本当に家康(真田丸)かよ……


ハムレットなのでまぁ、あらすじというか話の流れはわかってるんですけど(笑)。


たった14人での舞台で、大きな舞台措置もなく、過剰な照明も、音楽演出もなく。
なんだろう、超シンプルで、余計なものを削ぎ落として、複雑なことばしていないんだけど、必要なものは全部抑えている。
このホールってすっごく音がいいから、本当それが前提というか。
もーみなさん、お声がいいよね。本当。
そして藤原道山さんの尺八がまたいい!


一幕90分、二幕も90分あるっていうすごいボリュームなんですけど(笑)。
でも演出が過剰じゃないから見ている途中で疲れなくて、全部見ていけるというか……。
いや、もう膨大なセリフ量なので、もう耳も脳みそもフル活動なんですけどね。
衣装もちょっと和のエッセンスがあって、舞台上に色味が全然ないんですよ。だから視神経はあまり疲れないので、その分のエネルギーを全部耳に生かすことができます。


本当、ちょっと見られない舞台です。
愛知、長野、福岡とツアーなので、お時間ある方はぜひ。