29/b++

コスメや漫画や演劇やたまにライターの仕事の話とか

個人的エンタメ大賞2016

先日、「個人的ベストコスメ2016」をやったので、今日は「個人的エンタメ大賞2016」を。

i3valley.hatenablog.jp

個人的エンタメ大賞2016ルール

f:id:i3valley:20160915112020j:plain
(特に関係ない名古屋港水族館での写真)


・私が公開日/発売日関わらず「今年」みたもの・聞いたもの中から
・レンタルでもなんでも
・1位と次点である2位を発表

漫画部門

1位:『オトナの小林くん』/森生まさみ/白泉社

オトナの小林くん 1 (花とゆめCOMICS)

オトナの小林くん 1 (花とゆめCOMICS)

→いやー、破壊力がすごかった。期待通りでそれ以上。前作の良さを引き継ぎながら、新しいエッセンスも入っていて。
いうことないです。


2位:『AKB49~恋愛禁止条例~』/宮島礼吏/講談社

AKB49?恋愛禁止条例?(1) (週刊少年マガジンコミックス)

AKB49?恋愛禁止条例?(1) (週刊少年マガジンコミックス)

→無事完結! ということで!!
いやはや、どうなることかと思いながら、毎巻わくわくしながら読んでいました。最後アメリカ映画はどうなったんやとか思いながら(笑)、まぁもういいや! と。素晴らしいスポ根でしたね~。
年末年始ひまだよー、とか、なんか一気読みできる漫画ないかしら~という方には本当おすすめです。


本当今回めちゃくちゃ迷って迷って。

・『十年後、街のどこかで偶然に』/津田雅美/白泉社
・『バラ色の聖戦』/こまやゆかり/講談社
・『でぃす×こみ』/ゆうきまさみ/小学館
・『コレットは死ぬことにした』/幸村アルト/白泉社
・『王子が私をあきらめない』/アサダニッキ/講談社


ほか『累』もやっぱ面白いし、『巨娘』も刊行されたし、もー面白い1年でした。

小説部門

1位:『カブキブ!』/榎田 ユウリ /KADOKAWA

カブキブ!  1 (角川文庫)

カブキブ! 1 (角川文庫)

→いやー! こんなハマるとは思いませんでした! しかも来年アニメ化! 部活物で青春モノなんだけど男性高校生が主人公ということでめちゃくちゃ気持ちいい。こう、たかが高校生が歌舞伎ができるってどういう環境? っていうのを、「東京の高校」「芸能人とかも通ってるそれなりに裕福な高校」「ネットに精通した子」「サブカルの神」っていう設定とかキャラクターを本当うま~く作ってあって、無理がないのがいい。
そして本当マンガのように「ええ~~~!! ここで終わるって~~!!」っていう「引き」がすごくて、この術にやられてしまいました。


2位:なし

→すんません、エッセイは読んでたけどそこまで今年小説読んでないの……。

 

映画部門

1位:『シン・ゴジラ』
www.shin-godzilla.jp

→おっもしろかった~! っていう一言ですね。もう私の好きなものぎゅうぎゅうに詰められてた。役者や設定、展開とまぁ本当ここまでツボ押してきますかね~っていう感じ。


2位:『KING OF PRISM by PrettyRhythm』
kinpri.com

→もうなんだろうね、これ……。誰だよ「電子ドラッグ」って表現した人……。そのとおりじゃないか……。キンブレも購入したよ……。『プリティーリズム・レインボーライブ』もDVD全巻借りて見ちゃいましたよ……。

連続ドラマ部門

1位:『逃げるは恥だが役に立つ』/TBS
www.tbs.co.jp

→もともと原作が好きで、実写化のニュースを聞いて「大丈夫かしら」と不安になったところに、「TBS! 脚本は野木亜希子!」って発表になったとき「これは間違いない!」とガッツポーズ。やっぱすばらしかったです。


2位:『重版出来!』/TBS
www.tbs.co.jp

→おなじ枠です。こちらも野木亜希子さん脚本。こちらも私、原作のマンガすごく好き。原作はまだ最終回なんてまだまだな展開ですが、そのときにドラマ最終回であの三蔵山先生のあの大演説! 最高でした。


あと、『黒い十人の女』(フジテレビ)。バカリズムの脚本というこのドラマも本当面白くて。最終回にまた「ひゃー」っていう事実がわかったり。そしてもちろん『真田丸』ね!! ワンクールのドラマではないので挙げてませんが、うん、特別賞ってことで~~~(大声)!!

アニメ部門

1位:『ユーリ!!! on ICE』/テレビ朝日
yurionice.com

→フィギュア全然興味ない私でも、もうガッツリ見てしまった!! 美しいオープニングと素晴らしい音楽、そしてキャラクターと展開、目が話せなくて!! 面白かった~~~! Amazonプライム会員でよかったよ~~~!


2位:『ハイスクール・フリート』/BS11、TOKYO MX
www.hai-furi.com

→全然艦船も詳しくないけど、「専門的に頭いい人がバーっと動く群像劇」が好きな私(『シン・ゴジラ』もそれで好きだ)には、たまらんかったです。それをかわいい女の子たちがやってますからねぇ、いいアニメでしたねぇ(しみじみ)。


舞台部門

1位:『エリザベート』/東宝

→ごめんな、もうほんと好きすぎて……譲れなかったんよ……。城田トートが美しすぎて……。


2位:『乱鶯』/劇団☆新感線

『VBB』も素晴らしかったけど、こちらは内容はもちろん、もー千秋楽見ちゃったからさ~。


また『元禄港歌ー千年の恋の森ー』も見られて本当よかった。蜷川さんの舞台、最後となりました。
演劇についてはそれぞれ感想はブログで記事にしているのでよければ(宣伝)。
今年は去年からずっと「お芝居の年にする」って言ってたので、それが叶えってよかったです。欲を言えば宝塚見ておきたかったです……。



こんな感じかな~。
今年は音楽部門が付けられません。お芝居優先したもので、全然ライブも行ってないしCDもシカオちゃんぐらいしか購入してないんです……。
多分あとで見返したら「なんでアレを書いてないんだろう」って思うんだろうけれど(笑)。


来年はドラマや映画、舞台で楽しみがたくさんあって楽しみです。
とりあえず1月は中田裕二@富山、そして5月にハムレット@兵庫。あ、キンプリの続編もあるよね~。で、4月には『カブキブ!』のアニメ。そーいや『コードギアス』も始まるんでしたっけ……。
忙しくてニヤニヤしますね。ニヤニヤ。