読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

29/b++

コスメや漫画や演劇やたまにライターの仕事の話とか

みてきた:劇団☆新感線 SHINKANSEN☆RX『Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!~』

演劇

いやー、この夏はイケメンの人外役を堪能して終わりました。

劇団☆新感線:夏秋興行 SHINKANSEN☆RX『Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!~』

www.v-b-b.jp

【作】宮藤官九郎【演出】いのうえひでのり
【出演】生田斗真/小池栄子 中村倫也 神山智洋(ジャニーズWEST)/橋本じゅん 高田聖子 粟根まこと 篠井英介 徳永ゆうき、紘毅、松田 翔


久々のクドカン脚本に、RX! そして生田斗真! どうしてもみたい!
しかもしかも、富山に来てくれるなんて!!
というわけで、これのためだけに実家に帰り、母親と見に行きました。
明日から大阪公演スタート。
当日券も出るし、なによりフェスなのでめっちゃいいと思う!
RXはガンガンギターにドラムに大変な舞台なので音がよくないと悲惨なので、行ける方はどうぞ!!!

富山オーバードホール

小さい頃に一度日本舞踊を見に来たよって母に言われたけど、全く記憶にない会場でした。
しかし音がとてもよく、いい会場でした。
でも1階の客席と客席の間の通路むだに広いと思う。あれちょっと詰めたらもうちょっと客席増やせるのにね。
私は5階席の一番前で、5階てw と思ったけど、オーバードホールって2階から始まるのし、そこまで高くなくてほかの会場でいうところの実質3階席でした。
一番前なので手すりが邪魔でしたけど、まぁしかたないね。

千年まえから愛してる

かぐや姫(小池栄子)と藤志櫻(生田斗真)のお話。
藤志櫻はかぐやにずっと求愛していたが、かぐや姫は藤志櫻の従者であった蛍太郎(神山智洋)と結婚。仲良く暮らしていたが、藤志櫻はひょんなことからヴァンパイアになってしまい、それがかぐやと蛍太郎を引き裂くこととなってしまう。
藤志櫻はそれから生き続け、現在は「平安生まれ」という設定で、ビジュアル系バンドのボーカルを担当。
懇意にしている占い師(篠井英介)は前世占いができ、それらしい人間がいるということで街をウロウロ。
また街ではヤクザと半グレ集団の争いが起きていた。実はこの半グレ集団、かぐや姫にまつわる大変なヒミツを持っていた……。


という、もう訳わからんですね。
平安時代の人物、現代になってそれらの生まれ変わり、さらにかぐや姫のヒミツ、やくざと半グレの対立、芸能界ともういろんなものが混ざり合って、それがラストに向かっていく。



以下、ネタバレだらけ!
大阪見に行く方は見ないでね!!!


f:id:i3valley:20161018104748j:plain


相変わらずパクってますね(褒めてる

まぁ、今回もギリギリを攻めていて(笑)。
藤志櫻がビジュアル系ということで、店の名前に「ルナシー」とか「ラルクアンシエル」とか出てきました。
あとまた「ももいろクローバーZ」全面的にパクリに行ってて、まさか粟根さんが踊るっていうね! 
そして一番ヤバかったのが「保保方さん」。理科とか化学の研究所っていう(笑)。
ZIPじゃなくてジッポとか、「目つぶしテレビ」とかもう全部入ってましたね(笑)!
そしてご当地ネタたくさんありがとう!
富山と石川出身のひとが劇団にいたんですね! ますのすしとか地鉄とかありがとう!
大阪はもっとすごそう(笑)。

キャスト

いやー、生田斗真くん似合いすぎでしょう!!
歌もいいし、かっこいい! かっこいいのに情けない。とてもよかった。お隣の席のお嬢様がどうやら生田斗真ファンだったらしく、大興奮してた。一般の私でも大興奮するから、ファンからしたらたまらんかったろうね!
そして待ってましたの小池栄子ちゃん。「髑髏城の七人」で見て好きだったので、今回も見られて嬉しい!
篠井英介さんはずっとマダムで驚いた(笑)。ずっと美しいってなんなのあのお方は……。
橋本じゅんさんは待ってましたの気持ち悪い役(笑)。ここんところ、図書館戦争もシンゴジラも、まえの『乱鶯』もなーんだかかっこいい役だったじゃないですか。
ちゃうねん、かっこいいけどうちら面白いじゅんさんが見たいんや……! と思っていたので、超満足です(笑)!
そして今回、パンフでいのうえさんも絶賛していたけど、若い男性陣!!!
中村倫也くん、神山智洋くん、二人とも芸達者!!!
神山智洋くんはもう前半! あの憎めない感じはなんだろう!
そして中村倫也くん! いやー、なんて素敵な役者さんなんでしょう! 大和ハウスのCMで上野樹里ちゃんにサボテンとともにプロポーズしているあの方だったのですね!
ヒメ姿も超かわいいし。一気にファンになりました。
あとどこから徳永ゆうきくんを引っ張ってきたんだ(笑)!
駅員、歌もめちゃくちゃうまいなーってびっくりしてたら、演歌歌手!! 舞台役者のひとだと思ってたよ……!


もうさぁ、『Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!~』ってなにこのタイトルふざけてんの? って思ってたけど、これがもう、全部にうまいことかかってるんですよね~~~!!!
まさにこの3単語が、物語全部を表しているんですよ。
うわー、さすがクドカンだわ~~~~って。やられたーーーっていう。


今回も、「乱鶯」と同じで、二人向かい合って終わりましたね。
今年の新感線はこういうラストなんですね~。


RXで久々にガンガン音に音楽に溢れて楽しかった!
LEDや映像技術の進化でかなり歌詞も見やすくなりましたしね。
いやー本当見られてよかった~。


今年の夏は城田優のトート閣下、生田斗真のヴァンパイアと眼福でした……。