読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

29/b++

コスメや漫画や演劇やたまにライターの仕事の話とか

『イニシアチブ』の男の相手は『誘惑』の女という妄想

私は中田裕二が好きだ。
椿屋四重奏インディーズのころから好きだ。
残念ながら今回のツアーは体調不良で行けていない。

『イニシアチブ』と『誘惑』

Twitterにも書いたんだけど、『イニシアチブ』の相手は『誘惑』の梯子蹴落とした女性なのだろうか、なんて考えた。
どっちの曲も大好きだ。
ココらへんについて本人が語ってるインタビューとかあったっけ、と思いながら最近の記憶力の低下が激しく、まったく覚えていないので楽しく妄想していくことにする。
本人が「かんけーねーよ」って言ってても、気にせず妄想する。
それかもしもうファンみんな周知の事実で「何を今さら」と思われているかもしれないけど、まぁ妄想する。


Youtubeであるかなーって思ったけど、なんか著作権ギリギリで怖いのでやめとく。
歌詞リンク。

イニシアチブ (Live at Billboard Live TOKYO, 17th April 2015) - 中田裕二 - 歌詞 : 歌ネット

中田裕二/歌詞:誘惑/うたまっぷ歌詞無料検索


気になったら買うといいよ。


『イニシアチブ』は配信アルバムにばっかり入ってるから、一曲ずつ買うといいよ。

イニシアチブ

イニシアチブ

  • 中田裕二
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

『誘惑』も単品で購入できるよ。

誘惑

誘惑

  • 中田裕二
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

『誘惑』ほか素晴らしい楽曲たくさんのアルバムはこちらだよ!

BACK TO MELLOW(初回限定盤) (DVD付)

BACK TO MELLOW(初回限定盤) (DVD付)


宣伝が終わったところで

『イニシアチブ』の男は、まぁ女を口説いてっていうか口説く手前っていうか。
向こうがなびくかどうか、ちょっといろいろ仕掛けたりして楽しんでる。『愛に変わるか』は言えない段階らしいから。
でも、『君を求める意味がない』とも言ってるので、こういう駆け引きができる頭のいい女って分かって仕掛けてる。


『誘惑』の女は、彼氏いるのか結婚してるのかわからないけど、まぁ相手がいるけど他の相手に『魔が差すような恋の手招き』されちゃってる。
この女の人がすごいのは、『戸惑いながら』『無抵抗装いながら』、自ら『命綱外した』り、『梯子蹴落とした』りしてる。
そして『望むところよ』って手招きした相手に正面から飛び込んでいくところ。
相手のペースに乗せられているように思わせておいておきながら、恋に溺れたように見せておきながら、どこか自分を俯瞰して見る冷静さ。
したたかっていうか、なんか違うんだよね。頭がイイというか、本能みたいなもんだろう。どう振る舞えば「間違わない」のか、何をしなくてもわかる。
ここが『イニシアチブ』と繋がる気がする。
ただ優しい彼から自分を奪い去ってほしいなんて、少女漫画の主人公みたいな女じゃない。
誰でもいいわけじゃなく、シナリオを書けて、逃げ道を奪う、罠をしかけられるぐらいの頭のいい男が、ちょうどそこにいたのだ。
『イニシアチブ』の相手は『誘惑』の女。
こう考えるといろいろ、とても面白いのだ。


『誘惑』には『シナリオ通り』という言葉、『イニシアチブ』には『予定調和の物語』という言葉。
どっちがどう、筋を書いているのか。
それを裏切っているのかどちらかの思う通りに進行中なのか。


『イニシアチブ』の男も『深入りする覚悟』があるぐらいには、相手の女の事情がわかってる。
けど、相手が駆け引きに乗ってこないそこらへんのつまらない女ではないこともわかってるし、恋愛に引きずられて実生活まで破壊しない女、危険な女じゃない(まぁ一番危険かもしれんが)から、手を引かない。


ふと、思いつくのがササハラさんだ。
シギサワカヤのマンガに出てくる、ササハラという既婚者で食えない男。
倉田サンと「答え合わせ」を楽しんでる。

箱舟の行方 (楽園コミックス)

箱舟の行方 (楽園コミックス)

未必の恋

未必の恋

倉田サンも、『誘惑』の女と同じく頭がいい。どう振る舞えかいいかをわかってる。
田村という相手がいながらも、ササハラに振り回されてるけどそんな素振りはみせない。


『イニシアチブ』と『誘惑』の男と女がどうなるかわかんないというか、この二人はいましかなくて、後日談とか全くない、そういう関係でそれ以上もそれ以下もなくて。
『誘惑』の女はその優しい彼とも別れないだろうし、『イニシアチブ』の男も自分を選べ、とは直接言わないだろうし。
多分、別にこれ、二人ともフリーだったら駆け引きしないんだよね。
フリーだったら頭のよさ、わからないもん。
多分、どっちかがバカになった瞬間に終わる。
理性があるうちに。いや、ないうちに? 続く関係。


そういや西村しのぶの『砂とアイリス』もなんかわかんない関係だ(こっちはまだ何もしてないけど)。

砂とアイリス 1

砂とアイリス 1



『イニシアチブ』の男も、『誘惑』の女も、べつに燃え上がるような恋をしているわけじゃない。
秘密の恋とやらに心浮ついて溺れているわけでもない。「私たち、もっと早く出会っていればよかったね」なんて言葉も言わない。
ただ、そういうこと、対等に心理戦――いい言葉が思い付かないが、無粋に全部最初から最後まで言わなくても「わかる」相手。
まぁ、男と女だから恋やら愛やら、セックスやらになる。
言ってしまえば「浮気」やら「不倫」やら「遊び」やらなんだろうけど、そういう言葉とはなんか違うような、「婚外恋愛」とかとも違うような、なんかなるようになっちゃった感。
どの言葉にも当てはめられない、宙ぶらりんな感じがたまらなく聞いていて興味がわいてしまう。


この関係、答えは『イニシアチブ』の歌詞にあった。


『出尽くした言葉じゃ通らない』。


まさに。





新曲は四月発売だよ!

ただひとつの太陽(初回限定盤)

ただひとつの太陽(初回限定盤)

【Amazon.co.jp限定】ただひとつの太陽(初回限定盤) (ポストカード付)

【Amazon.co.jp限定】ただひとつの太陽(初回限定盤) (ポストカード付)