読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

29/b++

コスメや漫画や演劇やたまにライターの仕事の話とか

2016/11/06追記:『オトナの小林くん』が素晴らしすぎて興奮がとまらない

下に2016/11/06追記。


年末書いてたけどアップしなかったやつを先に

================================================================

Facebookのいとこのなかで流行ってるので、わたしも挙げました。
せっかくなのでこっちにもコピペ。
高速バスのなかでペコペコ打ったから、リンクもなにも貼らないよ。

便乗。
今年読んで面白かった漫画。

完結枠

四月は君の嘘
イエスタデイをうたって
とめはね!
ファンタジウム
アシさん
たいようのいえって今年だっけ?


ラララ
星上くんはどうかしている
とりかえ・ばや
波よ聞いてくれ
王国の子
応天の門
大奥
家出の娘
こいいじ
コレットは死ぬことにした
ちはやふる
溺れるようにできている(完全版)
彼女になる日 another
恋と嘘
10年後、街のどこかで偶然に

パレス・メイヂ

少女漫画多いね(・ω・)
とめはね!の終わり方素晴らしかった。ファンタジウムは出るのが早かったらなぁ。作者が失速しちゃったのがもったいないけど、仕方ない。
家出の娘、じつは3巻レンタルにしたらこの3巻が面白かったよ…。

================================================================

ここから下が今日の本編。

================================================================

『オトナの小林くん』

オトナの小林くん 1 (花とゆめCOMICS)

オトナの小林くん 1 (花とゆめCOMICS)


『おまけの小林くん』という漫画の、みんなが21歳になった設定で小林千尋が主人公となったこの漫画。
単行本昨日買ってきて、ずっと興奮しています! 
雑誌で読んでなかったので、いま、興奮しております!!
みんな「現代の21歳」ってことでスマホ使いこなしております。
文庫本の『おまけの小林くん』の描きおろしで絵がかなりラブリーな感じになってましたが、後書きで本人も描いているように本編連載時の絵柄にだいぶ「よせて」(笑)、描いてますので違和感まったくないですよ。


『おまけの小林くん』は「ぽっぷんコメディ」ってキャッチフレーズなんですけど、この「ぽっぷん」っていう謎の言葉がまさに「小林くん」なんですよね。
ポップな、という言葉に「ん」がついてひらがなになるだけで「なんということでしょう、この漫画の緩急とふんわり感が、画面の明るさが一気に出ているではありませんか」とナレーションを入れたくなる感じです。すばらしいキャッチフレーズです。


ネタバレしない程度に書いていく予定なんですが、もうね、私、興奮しすぎてちょっと何書くかわからないので、ネタバレいやーって方はもうここでブラウザ閉じてください。


Twitterでも早速書き散らしてて。





ストーリーは小林千尋が、今回のヒロインとなる「小林藍」ちゃんに出会うことから始まります。
この藍ちゃんはまるで大和を彷彿とさせるような、小さくて働き者、さらに自分のことより他人を優先してしまう女の子です。
そう、つまり千尋の罠センサーに引っかかっちゃう子なんです。
まるでストーカーのように藍ちゃんの前に現れる千尋。
さぁ藍ちゃんの人生は千尋の登場によってどう変わるか――。


もちろん、『おまけの小林くん』を読んでいるとめちゃくちゃ楽しめるのですが、多分わからなくても「なんか外野が賑やかだけどまぁいいや」ぐらいで読めるんじゃないかな。


やっぱ千尋は王子様並にかっこよくて、21歳になっても全然変わらなくて(というより高校生の時から精神的に大人だった)。
小林くんと千尋って「ソウルメイト」なんですよね。
千尋は別に孤独を抱えているわけでもないし、小林くんに依存しているわけでもない。
でも小林くんと居ることは多分、一番自然で千尋がいきいきする時間で、小林くんも別に千尋を放おっておけないわけじゃないし、罠を仕掛けられても許してる。


そんな千尋、もう小林くんいれば恋人いらないじゃんレベルな感じですが、そうだよねー! 女の子版の「小林くん」を持ってきたらそりゃ恋愛に変わる可能性あるよねー!!! 
と、膝を打つ設定。
いや、千尋はたしかに一人でも生きていけると思うけど、まぁ恋愛になるようなならないような、いろんな可能性を秘めている漫画です。


この「藍ちゃん」は貧乏でバイト掛け持ち、自分のためにお金をつかうことを知らない子です。
そこを千尋はうまく「自分を褒めること」「自分を大切にすること」を教えてあげます。
ただ、藍ちゃんは「私ばっかり」とか「いいなぁ」とか人と自分を比べることがなく(比べることすらおこがましい、と自己評価が極端に低い)、根っからの「いい人」「お人好し」。
ここも小林くんと同じなんですね。
「おまけの」の方で、吹雪や健吾や千尋が小林くんに「自己主張」することの大切さを教えたように、藍ちゃんに千尋は「わがままをしてもいい」と教えてあげています。


そして外野から語られる千尋。
たとえばあげはと燕先生(でてきますよ!)、吹雪や健吾(でてきますよ!)、千尋の母親(でてきますよ!)から語られる「千尋像」があるので、「藍ちゃんと千尋の物語」だけになっていません。
当たり前だけど「人にはいろんなコミュニティがある」「いろんな顔がある」という繋がりがわかり、リアリティのある描写になっています。
藍ちゃんのなかでも「千尋はただの王子様ではない」というのがわかるんですね。
だからこの辺は「おまけの小林くん」を読んでいると、より楽しめる。


そしてTwitterでも叫んでるんですけど、最後の方にね、藍ちゃんの表情に千尋が反応するシーンがあるんです。
この藍ちゃんの表情は読んでる女の読者でも「ドキ」っとするというか「ダメだよこれ反則だよ!」という表情です。
そりゃ千尋が「[自主規制]だわ!」と納得の表情。
こんな表情描けるのはやっぱ漫画家さんとして「慣れてる」という方じゃないと引き出せないと思うし、この表情があるからこそ「うわ~! 続き早く読みたい!!」と、思わず『AneLaLa』本誌の購読を考えるほどでした。
そしてこれを本当、単行本最後に持ってくるという技! 
すごい「引き」!!!
ただ可愛いだけ、かっこいいだけじゃなくてなんて人間味のある顔を描くんだろう、という「やられた!」感がすっごく気持ちいい。

www.hakusensha.co.jp


話も「オトナの」と付いているだけあって、みんな21歳なだけあって高校生の頃のような純真なだけじゃないのがいいです(笑)。
いやー、しかし本当、津田雅美さんの『10年後、街のどこかで偶然に』といい、『AneLaLa』の現代物大人向け少女漫画、本当おもしろいな!
『彼女になる日』も『AneLaLa』だし、これは本誌買おうかなぁ!
『楽園』以外漫画雑誌を定期的に買うことしてないんですが、それを考えるほどのこの『オトナの小林くん』でした。


そして一緒に買った『コレットは死ぬことにした』3巻についても書こうとしたけど、もう3000字超えてるから止めときますね!
また次回!

******************

2016/11/06追記。


2巻がでました!!

オトナの小林くん 2 (花とゆめCOMICS)

オトナの小林くん 2 (花とゆめCOMICS)


実はAmazonなんちゃらでAneLaLaを何冊か読んでいたので展開知ってたんですが、いやー続けて読むと破壊力がすごい!!


今回は吹雪と健吾のお話も入っていて!
いやーがんばれ、健吾(笑)!!!!
巻末には元祖(?)小林クンこと小林大和も出てくるしね!


しかし千尋、あんまり藍ちゃんいじめちゃだめよ(笑)。
千尋、この人にあまり愛とか恋とかなさそうで、「好きか嫌いか」「お気に入りかどうか」っていうだけしか見えてこないんだよなー。
ここからが、長そう。
いやーしかし千尋の美貌と藍ちゃんの可愛さで、ムダにエロい絵になっててなんともはい最高ですね(笑)。いいぞもっとやれ。
そして第7話の扉絵めちゃくちゃ可愛い~~~!!
また単行本は1年ぐらい待たなくちゃいけないのがツライー!