29/b++

コスメや漫画や演劇やたまにライターの仕事の話とか

カラー診断に行ってきたよ

ずっと気になっていた、カラー診断に行ってきました。

カラー診断って?

f:id:i3valley:20151108124621j:plain
よくメイクアップ商品を語るときに出てくる「イエベ」や「ブルベ」
自分の肌が「イエローベース」か「ブルーベース」かわかることで、似合うファンデーション、アイシャドウ、さらには髪の色や服の色がわかるようになるもの(非常にざっくりとした説明)。

お世話になります

その昔、一度だけ簡単な診断してもらって、自分が「冬タイプ」ということはわかっていました。
が、もう十年以上まえなのでそれを当てにしてもいいものかと思っていたので、ちょうどキャンペーンで半額だった某化粧品ブランドのベストカラー診断へ、元同僚のとらこ嬢を誘って行ってきました。

今回のカラー診断は、ブランド独自の色相を使っているようで、よく言われる「ブルベ冬」「イエベ秋」という言葉ではなく、「クール(青み)」「ナチュラル」「ウォーム(黄み)」と表現されます。

メイクを落としてスタート…のはずが

メイクを落としてスタートするのですが、拭きとりの化粧落としで摩擦が発生してしまったのか、肌にすっごく赤みがでちゃったんです。
私ちょうどPMSの時期で肌が荒れやすい時期なんでしょうがないんですけど、カラー診断するには邪魔でしかない赤みが……。
そんなガッツリなメイクしてなかったのに、ああああああっ。

最初は肌の色

丁寧な店員さんの説明のもと、最初は自分の肌色を診断してきます。
結果、私はまぁ予想通りの「オークルの2番めの明るさ」。
最近ファンデが黒くくすむなぁと思っていたのですが、もしかしたら色は合ってるけど明るさが足りないのかも。

そしてカラー診断

そのあとはカラードレープ、色の布を使って自分が「クール」「ナチュラル」「ウォーム」タイプか丁寧に診断してもらいます。
例えば青色なら、ネイビー・水色・青緑とどの「青」が似合うか、布を首から下にエプロンのように当て、鏡で顔を見て判断していきます。
これが最初は「なにが違うんや?」と思うんですけど、目が慣れてくると「ああ、ネイビーだと肌のアラが目立つ」「青緑はくすむ」などわかってきます。

とらこ嬢はそれがすごくわかりやすく、彼女は肌に白い+ピンクのツヤがあるので、明らかにもう「ウォーム」系の色は肌が黄色く見えるし、「クール」だと白さが際立つ!
一人で行ってももちろんOKの診断なのですが、自分以外の誰かの診断を横で見ることで比較でき、よりわかりやすかったです。

終わりはメイク

診断が終わったあとは自分の合うメイクアップアイテムを用意してもらってセルフメイクをします。
ブランドの高級化粧品が使えるのも嬉しいし、ブラシからチップまできちんと道具もひとりひとり用意してもらえます。
ブラシやヘアースプレーも貸してもらえて完璧。
お願いすれば「フィルムタイプのマスカラを」「リキッドのアイライナーを」と使いたいアイテムを用意してもらえます。

その後は杜仲茶をいただきながら、カラーアドバイス。
おみやげを頂き、約90分の診断は終わりました。

総合して

私は「クール」と「ナチュラル」の間。
要するに、黄み系は似合わない。パステルカラーも似合わない。
メイクなら、レッド系。チークもリップも真っ赤! というよりはちょっと落ち着いたレッド。ただしローズではない。
髪の色も赤やピンク系を混ぜたブラウン。


と、ここで納得!
むかし、スガシカオの髪色がいいな~と思って、オリーブを混ぜたカラーに染めたことがありました。
なんでここでキレイな女優さんじゃなくてスガシカオにしたのか。
それは私がスガシカオのファンだからだ。

すると、もう今までのメイクアイテムが全然あわなくなったのです!
なんかもう、ヤンキー臭がする!!!
あれは黄が私にとってダメな色だったからなんだー!!!


そして、今回使わせて頂いたアイカラーはブラウンでベースの色がホワイトでした。
これを使うと白目がキレイに見えるんです。
そこで今まで私、似合う! と自画自賛したアイテムが、全部ベースがホワイト・シルバーのパレットだったことに気が付きました!
あ~~~、ゴールドやうすいベージュのベースって似合ってなかったんだ~~~~~~!!

しかし最近のパレットってベージュやブラウンがベースになってるので、単色でホワイト系のベースを買ったほうが早いな、と早速購入リストへ。
髪もなんとなくピンク系って可愛くなる気がして避けてたけど、チャレンジしてみたくってもう美容院の予約入れようとしています。


こんなふうに、自分に合うものがわかるようになるすごく有益な時間でございました。
もちろん希望すると自分に合わない色の使いこなしアドバイスももらえるので、単に「似合う色/似合わない色」を判断しに行くだけではありません。
それにまた美白化粧品の結果や私のような赤み、逆に冷え性で血行不良でまた似合う色も変わってくるので、常に「この色は似合ってるのか?」と気にかけていくことって大切だな~と思いました。
勉強になったなー!



しかしその前にとらこ嬢とランチでパン食べ放題でたらふくパンを食べてしまったので、女子力という点では勝ち負けで言うと負けた気がする一日ですが。
美味しかったから精神的には大勝利。