読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

29/b++

コスメや漫画や演劇やたまにライターの仕事の話とか

行ってきた:中川翔子リリースイベント@名古屋

音楽 雑談

これが
f:id:i3valley:20151030152208j:plain

こうなって
f:id:i3valley:20151030152209j:plain

こうなるのよ!
f:id:i3valley:20151030152210j:plain

中川翔子のリリースイベント

29日名古屋近鉄パッセ店にて行われた、中川翔子のCDリリイベに行ってきました。
CD1枚につき特典券がついてきて、1枚で握手会、3枚でツーショット写メかサイン会。
私は悩んで悩んでサイン会に。
だって、写メって! 芸能人の隣に並んでそれがデータで残っちゃうんですよ!
私写真写りが壊滅的に悪いのでどんな拷問だよ、と。
しょこたんだけが写ればいいのにっ(そういうのはダメな決まり)。

レポート

し「かわいいポーチ」
私「こんばんはー(ひぃぃぃ生しょこたんがこんな近く!)」
し「あ、着てきてくれたんだ~」
私「(わー、『mmts*1着てきたの気づいてくれた!)はい~。昔の握手会で着て行ったらしょこたんに乳揉まれましたw」
し「揉みたい気分だったのかな」
私「私、しょこたんと同い年なんでガッツリのセーラームーン世代なんでそのポーチなんです」
し「私もこれとは違うセーラームーンポーチあるけど、あっちに(多分控室のこと)あるな~。これ初めて見る」
私「そうなんですか~」
し「(ダイアナを描いてくれる)」
私「わ~、嬉しいです」
し「はいっ(ポーチを渡してくれる)」
私「ありがとうございました!」
し「(ガッツリ目をあわせて微笑んでくれる)」



(`ェ´)ピャー!!!!!


最後の微笑みで脳味噌溶けるかと思った!!!

しゃべりながら、スラスラ書いていってくれるの! もちろん下書きなし! すごい!!!

私としょこたん

私、かなり昔からしょこたん好きなんです。
しょこたんが初代プリキュアのコスプレしてるときに出会いました。
プリキュアのコスプレしながらコンビニで買い物する美少女がいる」みたいなのをどこかのブログで書いてあって、そこにしょこたんのブログにリンク貼ってあったので飛んでみると。


えー、なにこの可愛いのになんでプリキュアのコスプレ堂々としてるのこの人ーーー―!? 


ってびっくりしちゃって。
しかも同い年。
いまは「美少女なのにヲタク」ていうジャンルは普通になりましたが、まだブログサービス全盛だったころは本当に新しいジャンルでした。
あれよあれよと「ブログの女王」となったしょこたんですが、当時SNSってブログとmixiぐらいしかなかったから、ある意味「SNSの女王」と言っても良かったのではないでしょうか。
いまモデルさんたちがセーラームーンのコスプレしてインスタに上げたりしてるけど、それってしょこたんがやってなかったらこんな時代きてないと思うの。

私と生しょこたん

最初は、CDデビューのリリイベ。
地元に来てくれたので、「芸能人見に行こうぜww」みたいなのりで、幼なじみ3人で言ったら、すっごく可愛いしすっごく歌うまいしで、いっきにファンになりました。友達その場でCD買って握手会に参加するほど。
次のリリイベも行って、そのときに乳揉まれました。
そのあとツアーも行けるときは行って、幕張のバースデーも今年行けなかったけど2年連続で幼なじみと行ったり。
今年はツアー行けなかったし、来年もツアーやらないっていから今回のサイン会は本当に嬉しかった!

好きって言おう

「ああ、好きなものは好きってどんどん発信していいんだなぁ」って教えてくれたのがしょこたんです。
CDデビューやポケモン声優、漫画家やシャンソン歌ったりも全部「やりたい」って公言したものを叶えていく姿は、ファンでいてよかったと思うのと、実現するのに「言葉にする」って大切なんだなって思うことばかりです。

まさか人生で小林幸子のCDを買うことがあるなんて

さて今回の新曲はなんと、あの小林幸子とのコラボです。
まさか私の人生で、小林幸子のCDを買うことがあるなんて思いもしなかった。


いわゆる「お家騒動」で紅白にも出場しなくなった小林幸子さんですが、ここ数年は「ヲタク向け」のイベントで有名になっています。
ニコニコ動画のイベントや、それこそコミケ同人誌即売会)でCD売るんです。
紅白のあの巨大衣装がゲームに出てくる「ラスボス」みたいだというこで一部のネット民には「ラスボス」の相性ですでに親しまれていた(?)ので、「小林幸子」=「ラスボス」=「ゲーム」=「ヲタク」に繋げたという、見事な商法だと思います。

いやー、でもやっぱり演歌の方ってすごい!
低音の響きが当たり前に「歌がうまい」。


今回の「無限ブランノワール」のMVはパソコンから見ていただくとわかるのですが、360℃ぐるぐる回して楽しむことができます。
ぐるぐるしすぎると酔います。

youtu.be


まさにこのMVは、しょこたんが「ラスボス(小林幸子)」を倒すのですが、もう小林幸子は目からビーム出すし、しょこたんはヌンチャクで戦いだすし意味不明。
詳しくはナタリーの対談を読むとより楽しめます。

natalie.mu


この中にあるんですけど、

昔は「演歌はこうでなければいけない」みたいな考えもあったんですけど、それをなくした途端になんでもOKになって。やっぱり人間には許容量があるから、新しいものを受け入れるにはどこかで整理していかないと入らなかったんでしょうね。

って小林幸子さん話していて。
この柔軟性ってすごいことだと。
あの「小林幸子」がラスボスとなって目からビーム出すんですから。自分の中の固定概念って年齢が上がれば上がるほど捨て去ることは難しいと思うのに、それをやって新しい層に受け入れられるってすごいなと。


今回しょこたんのCD買わなかったらこんな小林幸子さんに詳しくなることもなかったです(笑)。


そんなわけで、どう考えても働き過ぎなしょこたんナベプロさん、もうちょっとゆっくりできませんかね……。
体に気をつけて今回のリリースイベント完走してほしいです。

*1:しょこたんファッションブランド。昔はフリフリレースの乙女路線だったが数年前、BEAMSと提携してデザインや質が格段にアップグレード。キッズやママ向けではない芸能人のファッションブランドとしては長年生き残っている