読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

29/b++

コスメや漫画や演劇やたまにライターの仕事の話とか

2012/09/22 堂島孝平 大阪心斎橋 Music Club JANUS

音楽

※この記事は昔のブログからの引用、再編集したものです。
2015/12/14にあった堂島孝平中田裕二のイベントが面白すぎ、途中でこのライブのことを思い出していたのです。
私のTwitterつながりには堂島さんより中田さん繋がりの方も多く、「堂島孝平のライブはどんなんなのか」「堂島孝平のライブにおける小松シゲルとは」の雰囲気が伝わればと思い、今回持ってきました。

*******

台風のせいで頭痛が!こんにゃろう!

行ってきたよ!
2012/09/22 堂島孝平 大阪心斎橋 Music Club JANUS
A.C.E. SHOW」 -A Crazy Entertainment SHOW 2012-

ちなみにバンドメンバー。
堂島孝平×A.C.E.
堂島孝平Vo+G/小松シゲルDs[NONA REEVES]/鹿島達也B/奥田健介G[NONA REEVES]


なんかチケットに記載ミスがあったらしく(17時スタートはが18時と書いてあったらしい)開演が1時間のびました。
正直待ちくたびれた(笑)。
DJKHたちも楽屋で待ちくたびれていたらしい。
「待たせてゴメン! だから大阪で伝説をつくる!!」と言っていました。
客、大盛り上がり(笑)。
ちなみに伝説のひとつはギターのオクダさんのズボン丈が短いこと。
お立ち台で膝小僧を見せてくれました。濃い紫のハーパンでした。すげぇ! みじけぇ!(笑)


あとはコマツさんが相変わらずで。Twitterに書いたんですけど(そして拡散された)、まず、新幹線乗り遅れたらしいです。
その後、開演が上記の理由で遅れることを伝えようと、DJKHが「こまっちゃっん、今日開演一時間延びるからね」って伝えたら、


(;゚д゚) < ご、ゴメン・・・・・!!!


といきなり謝ったとか。自分が新幹線乗り遅れた(遅刻した)ために開演が延びると勘違いしたそうです。
あとはアンコールで着るTシャツ忘れて、お立ち台で変な踊りしたあと、聞いてもない長野弁をながながと披露してたとかいろいろ伝説を作ってました。


私JANUSって初めてだったんですけど、音が意外とよくてびっくり。
ハウリングもしてないし、耳がボワーってならないけど迫力あったし。
あと小さいミラーボールあるのがよかった(笑)。


以下ネタバレ。


セットリストは、まぁニューアルバム記念てことでA.C.E. のナンバー中心。
いやぁあ、みんな伝説作りまくるから、曲順忘れちゃったのよ!!
とりあえず初めは『ギミラ!ギミラ!ギミラ!』だったよ。
アルバム以外だと、『レスキュー 』とか『ないてんのわらってんの』とかやってた。
またアルバムを出してくれるとのことで「新曲やります!」と。


以下、DJKHの声で再生下さい。


最近、日常のことを書いた曲をつくってて、さっきの『バスルーム・マーメイド』とかはお風呂の曲なんだけど……。
お風呂。うん、お風呂。え、みんなわかるよね!? お風呂!
洗濯機の歌「センタッキ!」とか、そういうまだ誰も曲にしたことのない曲を作ろうと思って!
で、僕は次にまだきっと!

歌にしたことでないだろう!


人類史上、初の!!


気絶する歌を作りました!!!!!!!!!



僕、気絶したことないんだけど!!!!!
聞いてください!

「キゼツ」!!!!




本当に「キ・ゼ・ツ」っていう歌でした(笑)! それしか頭に残ってないのよ!


※のちの『き、ぜ、つ、し、ちゃ、う』である



あと、「今回A.C.E.っていうアルバムをここにいるメンバーと創ったんだけど……。アルバムの中の『A.C.E.』は自分一人で、打ち込みで創ったんだよね。だから、この曲だけはカラオケで歌います!!!」


と、バンドメンバー居るのにもかかわらずカラオケで歌い出した(笑)!!
途中でナチュラルにこまっちゃんや鹿島さん、奥田さんみんな歌い出して(客はサプライズだ)、大盛り上がり!
みんな歌詞カード持ってたけど(笑)。
ここでこまっちゃんが変なダンスをしていました。


「ないてんのわらってんの」はOAを務めた住岡梨奈ちゃんが登場。
大阪ってことでDJKHが関西で「泣いてんの?笑ってんの?」、「泣いてはるの? 笑ってはるの?」など歌ってくれた。
彼女北海道出身ということで北海道弁で「ないてるべ?わらってるべ?」と可愛く披露。
こまっちゃんは長野出身ということで長野弁で歌ってくれたのだが、途中から歌詞関係なく、とりあえず長野弁を披露すればいいと思ったのか、いきなり「ベン・トー」など単語を発しだした。
(お弁当のこと「ベン・トー」という発音らしい。あとこ↑ま↓つ→さんという発言とか)

ここはいろんな意味で盛り上がった。


あとおDJKHが立ち台に登ってギターを引くと、マイクが持てないから歌えないという問題を解消するため、仙台公演で編み出された「仙台持ち」というマイクの持ち方を披露しました。
まぁ、ただギターストラップにマイク挟むだけなんですけど。何回もズレててひやひやした(笑)。


アルバムでは良い感じにまとまっていた曲たちも、ライブになるとまたドカンと印象が変わって。
「こんなにベースラインがいい曲だったのか!!」とびっくりしたり。
『マイ・シナモン・ガール』と『境/界/線』がすごくよかったな~!


アンコは曲をランダムで決める機械が設置され、1~8の数字をお客さんが選ぶというもの。
たまたま誕生日のお客さんがいたから、その人が選んだ数字を入力すると、機械が


『スカイドライバー』


と読み上げる。

その瞬間、客大喜びのステージ上大慌て(笑)。
仙台では1~4しか数字なかったらしい。
「えええ!? 『スカイドライバー』なんて入ってたの!?」みたいな。
とりあえず驚きながらの曲スタート。途中「テンポあげよう!」と早くなったりして(笑)。
アンコール終わったあと、みんな「合ってた!? オレ合ってた!? 弾けてた!?」状態だったらしい。


ダブルアンコは『いいさ、おやすみ』。DJKH一人で歌い上げました。
キュンときてしまった。


大笑いに大感動のライブでした。
これぞ堂島孝平のステージ!!!!


来年は大阪、3月にツアーラストで梅田にまわってくるそうです。



2015年の私から

すでに三年前から「カラオケ」でした(笑)。
できるだけはやく今回の横浜もレポ仕上げたい!!! 鋭意制作中!